契約書に押す実印

契約や取引などで使う実印とはどんな印鑑?

印鑑登録と印鑑証明について

印鑑登録証明書

実印は自治体に登録することで、公的な意味を持ちます。準備を整えておけば、登録までの時間は短時間で済みます。

印鑑登録のやりかた

登録する前に必要なものを確認しておきましょう。

・実印    
三文判ではない、住民票に記載された姓名のものであること。

・身分証明となるもの(期限切れでないもの)
マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、外国人登録証など

・印鑑登録に必要な手数料
自治体によって違いますが、およそ200円から500円ほどの手数料がかかります。

役所に行き、自治体が用意した申請書に必要事項を書き込み、実印、身分証明となるものとともに提出します。問題なく手続きが終わると、印鑑登録カードが渡されます。このカードで、印鑑証明書が発行されますので、紛失しないように注意してください。

本人が印鑑登録に行けない場合

代理人でも登録はできます。ただし1週間ほどの日数が必要です。
印鑑登録等代理人選任届というものを住民生活課から取り寄せて、登録者本人に記入してもらいます。これは役所に取りに行くか、または自治体のホームページなどからダウンロードしたものを使います。

記入が完了したら、印鑑登録等代理人選任届と登録する実印、代理人の認印、代理人の身分証明書を持って、印鑑登録申請を行なって下さい。この後、登録者宛に照会書が郵送されてきます。登録者本人が必要事項を記入します。

照会書、登録する実印、代理人の認め印、代理人の身分証明書を持って、再度役所に出向き登録します。これで完了です。何度か役所に足を運ぶことになりますが、代理人は同じ人にしましょう。

印鑑証明書の発行

実印を登録した印鑑登録カードがあれば、本人でも代理人でもすぐに発行できます。役所によっては、カードを使って発行してくれる機械を設置しているところもあるので、調べてみてください。

印鑑証明書を発行する手数料は、自治体によって違いますが、およそ200円から500円ほどです。

印鑑証明書の提出を求められるとき、3ヶ月以内のものなどと期限を限定される場合が多いです。役所に行くのが面倒だからと今は必要のない証明書を取っておくと、無駄になりので注意しましょう。

ピックアップ

  • 印鑑登録と印鑑証明について

    実印は自治体に登録することで、公的な意味を持ちます。準備を整えておけば、登録までの時間は短時間で済みます。…

    印鑑登録証明書

    続きを読む

  • 女性の実印は「名前だけ」で!

    認め印なら100円で売っています。しかし、生涯使う実印となると、欠けたりすることのないようにしっかりした良い素…

    朱肉と実印

    続きを読む